児童憲章70周年記念

新刊「忘れていませんか?児童憲章」

今年55日は、日本に「児童憲章」が制定されて70周年の記念日です。

 

「われらは、 日本国憲法の精神にしたがい、 児童に対する正しい観念を確立し、 すべての児童の幸福をはかるために、 この憲章を定める。

 

児童は、 人として尊ばれる。

 

児童は、社会の一員として重んぜられる。

 

児童は、よい環境のなかで育てられる。」

 

1952年、子どもの権利条約が国際的に定められる30年以上も前に、子どもの人間としてのright(権利)を宣言した「児童憲章」。

 

制定当時は、吉田茂首相をはじめ日本政府も積極的に社会的な浸透・実体化を図った「憲章」でしたが、「朝鮮戦争」、「再軍備」へと向かう「逆コース」の時代に、「なかったこと」のように扱われ、今日に至ります。「日本国憲法」と同じです。

 

そして、今読み返してみても、「憲法」同様、まったく古くない。

 

「九項 すべての児童は、よい遊び場と文化財を用意され、わるい環境からまもられる。」、子どもの権利条約第31条の「文化権」の保障です。

 

この55日に合わせて、日本子どもを守る会が、「児童憲章」に新しい命を吹きこむブックレットを企画・編集し、Art.31から出版しました。

 

子どもの権利条約と日本国憲法をさらに太くつなぐ「児童憲章」の再発見。ぜひ、皆さんに読んでいただきたいと願います。

 

A564頁、頒価500円(税込み)。送料5冊未満200円、5冊以上無料。20冊以上まとまれば普及協力費20%還元します。

 

 

 

 

発行日: 202155日(こどもの日)

 

編集 : 日本子どもを守る会(編集委員:増山均・川島弘・横山勝)

 

発行者: 増山均(日本子どもを守る会会長)

 

発行所: Art.31

 

表紙・イラスト  前田達彦

 

構成・デザイン  大屋寿朗

特報!

「ワニブタ絵本ガイドブック」が愛媛県内の全ての小学校の6年生の教室に配置されました。

2021年2月、愛媛県の県民生活局人権対策課の人権啓発事業として、子どもの権利条約ワニブタ絵本ガイドブックが県内20市町村の全ての小学校6年生の教室に3冊ずつ、もれなく一斉に配本され、子どもたちの教材として提供されることになりました。

 他にも、長野県松本市こども育成課や、和歌山県上富田町教育委員会といった行政機関からもまとまった注文が。また、長野市立長野図書館、愛知県田原市中央図書館、東広島市立中央図書館などの公立図書館などからもオーダーがありました。

 今だからこそ、子どもたちにRightを伝えたいという思いが、社会的にも広がっています!!



ワニブタカレンダー2021在庫あります。